🙋‍♀️2021年最新お勧めカジノ情報はこちら💁‍♀️

日本で合法的にギャンブルをする方法とは?

この記事のポイント!

日本政府はギャンブル産業の規制に積極的に取り組み始めた
アジア市場が活発化
日本で合法的にギャンブルをする方法を考えてみましょう。

一昔前までは、ギャンブル市場のほとんどが北米やヨーロッパに集中していたとすれば、現在では日本のギャンブルは最も有望な活動分野の一つと考えられています。

アジアは欧米諸国の伝統的な娯楽とは実質的に接点のないまったく新しい足場となっています。
アジア市場を制覇した事業者は、どちらかというと秘密主義で、研修会や参考書、オンラインで観客を惹きつけることがほとんどで、多かれ少なかれ効果的な方法などは存在しません。

同時に、日本の政府機関はギャンブル産業の発展と規制に積極的に取り組み始めました。この記事では、日本で合法的にギャンブルをする方法を考えてみましょう。

日本のギャンブル市場の現状と課題

アジア地域は、ギャンブル産業の発祥の地です。カジノという概念が初めて登場したのも日本でした。しかし、最初の借金取りの出現や大規模な依存症の蔓延を経て、この活動は長い間禁止されていました。
しかし、現在では状況は大きく変わっています。
国の領土では、多種多様なギャンブル娯楽が運営されています。
さらに、アジアはこの市場の「トレンドセッター」となっています。例えば、日本のオンライン・ギャンブル・サイトでは、3DグラフィックスやVR空間の要素を持つスロットが非常によく見られます。

ばからちゃん
ばからちゃん

トレンドセッターっていうのは【ファッションやアイデアで新しい流行を作り出す人】って意味合いだよ!

もうひとつ大きな違いがあります。
日本のプレイヤーは、海外で人気のあるネッテラーやペイパルといったグローバルなマネープラットフォームに非常に強い警戒心を持っています。
その一方で、日本の人口の67%以上がビットコインのウォレットを積極的に使って決済を行っています
つまり、日本のギャンブル市場は、暗号通貨の普及に大きなチャンスを提供しているのです。
日本のオンラインギャンブルサイトは、ますます多くのプレイヤーを受け入れています。
今日では、日本の次期首相を賭けて予想し、勝利することもできます。

ばからちゃん
ばからちゃん

次期総理の予想にベットするのは1xBITとかで出来るよ笑

日本で人気のある娯楽

競馬、競艇、競輪、オートレース

ギャンブルに興味のある方は、スポーツベッティングなどの合法的なギャンブルを検討してみてはいかがでしょうか。
実際、日本では競馬が人気です。
日本では、日本競馬会(JRA)がすべての主要レースを管理しています。
JRAには10の競馬場と43のOTB(Off-Track Betting)施設があり、電話やオンラインで賭けを行うことができます。
日本にはJRAの対象外である競馬場もありますが、多くの大手プレイヤーは、競馬場やレースの質の高さから、主にJRAの競馬場に注目しています。
JRAに加盟していない競馬場(地方競馬)は、日本の競馬会には属していません。
しかし、これらの競馬場も合法であり、ギャンブラーに人気があります。
唯一の違いは、地方自治体が運営していることと、競技の規模が小さいことです。
今、日本のベストアスリートのリストをチェックして、勝利のチャンスを増やしましょう。

宝くじ

宝くじは、賞金が非課税であるため、日本では魅力的なギャンブルです。
しかし、賞金総額の45%しか持ち帰ることができないことに留意する必要があります
最大で40%が地方自治体に、12%が管理費に、1%が特別社会保障に、残りが運営費に充てられます。一方、「TOTO」は最後のギャンブルゲームです。
Totoは、Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)の試合に賭けるものです。
TOTOは、コンビニエンスストアやガソリンスタンドなどに設置されている認可されたキオスクで賭けることができます。国内には6,000店以上の売店があります。
ブックメーカーのリストは100円です。
しかし、配当金は1億円にもなります。また、宝くじと同様、賞金は税金控除の対象となります。

ばからちゃん
ばからちゃん

まぁ日本の宝くじを買うくらいなら海外の宝くじを買った方が夢があるよね。

るれ子
るれ子

オンラインロトのサイトとかで普通に日本にいても買えるしそっちの方がいいかもね。


パチンコ、スロット、麻雀

ばからちゃん
ばからちゃん

まぁ言わずもがなパチ屋は実質的に合法な大衆ギャンブルと化しているわけだよね。

3点方式という利権が絡む感じなのは頂けないんだよ。

合法化して税金取ればいいのに馬鹿だよなぁっては思うよ。

麻雀は・・・まぁ本来知り合い同士とか雀荘でもお金を賭けると違法だけどね笑

るれ子
るれ子

コロナの影響もあってドラ麻雀とかが流行るわけよね。

カジノ以外で遊びたい人におすすめのサイト
ばからちゃんオンラインカジノもいいけどたまには麻雀でもしたいわね~るれ子ならDORA麻雀なんてどうかしら?DORA麻雀運営元Mahjong Logic LimitedソフトウェアMahjon...

ポーカーと宝くじ

ポーカーは、おそらく日本では最も人気のないギャンブルの形態です。
実際、ライブポーカーは日本では違法です。
しかし、日本には違法なゲームを開催する地下ポーカークラブ(インカジ)がいくつかあります
このようなゲームへの参加は違法であり、(警察に突入されると)罰金が科せられます。

斎藤さん
斎藤さん

所謂インカジと呼ばれる繁華街とかのビルとかマンションの一室でやっているようなところだと、胴元もお客さんもいるので警察に突入されると賭博罪で逮捕されちゃうから気を付けないと駄目よ。

りゅーくん
りゅーくん

でも探せば結構多いし繁盛してたりするんですよね。

会員制だったり紹介が無いと駄目なところが多いですけど、知ってる人は知ってるんですよね。

一番摘発される理由で多いのが、客が負けて通報する(チクリ)っていうのが一番の理由みたいですよ。

そのため、日本のポーカー愛好家の多くは、お金をかけない安全なオンライン・ポーカー・ゲームを選んでいます。
そのため、日本の多くのオンライン・ギャンブル・サイトにはデモ・モードがあります。

一方、日本にはいくつかの種類の宝くじがあります。ギャンブルという観点からは、チケットを買って結果を待つという、最も簡単なお金の使い方です。
これは、無数にある宝くじ売り場やカウンターで行うことができます。人気の高い宝くじ以外にも、複数の数字を選択するタイプの宝くじもあります。
このタイプの宝くじには、いくつかの数字を選んで、その全部または一部が一致すれば、賞金を受け取ることができます。
このタイプの宝くじには、「ビンゴ5」、「ロト7」、「ロト6」、「ミニロト」、「ナンバーズ3」、「ナンバーズ4」などがあります。
確かに、最初の2つは昔からあるので認知も高く特に人気があります。
世界中で広く普及しているため、ほとんどの人は宝くじをチャンスゲームとは考えていませんが、だからこそ日本でのチケットは外国人にも人気があるのです。

日本ではどこでギャンブルをするのが合法なのか?

では、日本で合法的にギャンブルをするにはどうすればよいのでしょうか?

日本では、ブックメーカーのブースや小売店が全国各地に分布しています。

ばからちゃん
ばからちゃん

まぁ日本のブックメーカーって言いかたは語弊があるかもしれないけど、広い目で見ると場外販売所とかも含めて、3Kでも宝くじでも買えるよねって意味だよ。

また、日本には12,000軒以上のパチンコ店があり、駅の近くにあるのが理想的です。
宝くじは、駅から徒歩圏内のコンビニエンスストアやデパートなどで簡単に購入することができます。また、一部のATMでは宝くじを販売することができます。
競輪、競艇、バイクレースなどの公営競技も、主要都市にはチケット売り場が点在しています。
また、JRAとJRA以外の競馬場でも賭けることができます。

日本で合法的にギャンブルをするには。業界発展の展望

日本ではギャンブルを取り巻く状況が急速に変化しています
2016年、国会で「リゾート地の総合的な振興に関する法律」が成立しました。
実際、これにより、どちらかというと保守的な日本のギャンブル事情が一変しました。
カジノ賭博は、賭博場がリゾート施設の一部となったことから、部分的に合法となりました。
この法律では、リゾート地には国際会議場、ホテル、娯楽施設がなければならないと規定されています
この法律では、国が3つのカジノライセンスを発行することができます。
また、ギャンブル税として総収入の30%のみが中央政府および地方政府に、残りの70%がカジノ運営者に支払われることが定められています。

統合型リゾート内のプレイエリアは、複合施設の総面積のわずか3%以下に制限されています。
ギャンブル依存症を抑制するため、日本の居住者は6,000円の入場料を支払う必要があり、カジノへの入場は週に3回まで、月に10回を超えてはなりません。
居住者は、カジノへの訪問を識別および監視するために、IDカードを提出する必要があります。また、ギャンブル依存症患者の親族は、カジノ経営者に入場禁止や入場制限を要求することができます。
一方、外国人のゲストやビジターは無料でカジノを訪れることができます。

ばからちゃん
ばからちゃん

まずはパチ屋をどうにかしろよって思うんだよなぁ

さらなる展望

専門家によると、日本は近い将来、アジア最大のギャンブル市場になる可能性があり、その規模はマカオの何倍にもなります。

日本の国家機関は、オンラインビジネスを積極的に支援しているだけでなく、様々な対策を講じています。日本の国家機関は、オンラインビジネスを積極的に支援するだけでなく、ギャンブル産業を観光インフラの一部にするために様々な施策を講じています。
現時点ではまだアクティブなサイトはありませんが、2024年には最初のオブジェクトであるカジノリゾートのオープンが予定されています。

複合施設の面積は10万平方メートル以上、ホテルの客室数は3300室以上であることがわかっています。追加のインフラとして、会議場や展示場の設置も予定されています。
また、日本のギャンブル施設を宣伝するために、国際空港やクルーズ船のターミナルにバナーを設置することが計画されています。

まとめ!日本で合法的にギャンブルをするには

最初のカジノリゾートがオープンする数年前から、海外の大手企業は日本のギャンブルライセンスを取得するために列をなしています。
ハードロック・インターナショナル、ギャラクシー・エンタテインメント、ラスベガス・サンズなどの業界大手が名を連ねています。
事前の試算では、この業界の年間利益は400億ドルに達すると言われています。
今こそ、ギャンブル市場に参入し、まったく新しい地平を切り開くときです。

ばからちゃん
ばからちゃん

とりあえず日本で(オンライン含む)カジノが完全に合法化されるまではオンラインカジノがちょうどいいのかもね。

先にスポーツベットの方が合法化しそうだけどね。

とりあえず全てのギャンブルユーザーにグッドラック!

終わり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました