🙋‍♀️2021年最新お勧めカジノ情報はこちら💁‍♀️

日本カジノ委員会、中央政府に追加資金を要請

日本カジノ規制委員会(CRC)は、5名の委員で構成されていますが、その運営資金が不足していることを中央政府に報告しました。

日本のカジノ規制委員会のメンバー。5人の委員が率いる同局は、日本の中央政府に2022年の会計年度に向けた追加資金を求めている。(画像:共同通信)

カジノ規制委員会は、日本に進出してくるカジノリゾートの運営を管理する役割を担う。現在、日本では統合型リゾート(IR)開発の提案を、関心のある都道府県とそのカジノ共同体から受けています。

CRCは、日本でのゲーム開始後の規制を行います。日本で最初のカジノがオープンするのは数年先のことになると思われます。
しかし、政府のゲーミング委員会はすでに事業の立ち上げに着手しています。

CRCのウェブサイトに掲載されている発表によると、CRCは2022年度予算のために中央政府に追加資金を要求しているとのこと。
CRCは、2021年の会計年度に41.5億円(3,730万米ドル)の予算を計上している。

日本は2018年7月に商業ギャンブルを合法化しました。統合型リゾート実施法により、CRCが成立した。

安くはない規制

カジノ規制委員会は、東京にいる日本の指導者たちに、ゲーム機関にさらにお金をばらまくよう求めています。同委員会は、同国の首都圏に本部を設置するために使用する420万ドルの増額を求めている。

また、カジノ委員会は、カジノフロアを管理する機関として重要な役割を果たす技術インフラの構築のために360万ドルを要求しています。
最後に、カジノ規制委員会の職員が、業界を理解するために海外のIR市場に出張する際の費用として、230万ドルを日本に負担してもらいたいと考えています。

カジノ規制委員会は、カジノ施設の設置と運営に関する秩序と安全を維持する責任を負っています」とCRCのミッションには書かれています。

CRCの主な任務は、カジノのビジネス取引の「厳格な審査」、主要な人材の監督、技術的な運営の管理、ギャンブル依存症対策のための予防措置の実施をゲーミングフロアに要求することなどです。

5人の委員で構成されるCRCは、140人のスタッフによって支えられています。カジノ委員会は、今回の資金要求で、中央政府に160名のスタッフの増員を要請しました。
今回の追加予算は、この人員増に対応するものです。

いよいよ入札開始

日本では、IR法案の成立から3年以上が経過し、ようやく都道府県とそのIRパートナーからのカジノ構想の受付が開始されました。IRライセンスは3つまで発行可能です。

この審査は、国土交通省が主導しています。審査は国土交通省が主導し、同省内の評価委員会が各案を審査し、1000点満点で採点します。

大阪はMGMリゾーツ社と共同でIRライセンスを取得します。大阪はMGMリゾーツ、長崎はカジノ・オーストリア、和歌山はクレアベスト・グループとシーザース・エンターテイメントと提携しています。

日本では、2022年4月28日まで、IRの申請を受け付けています。

他の県も参入する可能性はあるが、時間が問題になっている。
ベイシティ・ベンチャーズ(東京)のマネージング・ディレクターである國領穣治氏は、日本のカジノ合法化への道についての第一人者です。
因みに日本の首都がIRの立候補を表明する可能性は低いとのことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました