めにゅーいちらん
悪意ある攻撃や過剰アクセス等が原因で当サイトの情報は2023年8月以前のものが多く情報が古い場合がございます為、リンク先については正しい最新情報をリンク先にてご確認いただきますようお願い致します。

オンライン・ギャンブルの広告規制が支持を集める

  • URLをコピーしました!

毎月の新着記事一覧はこちら

アルゼンチンの下院議員が、オンラインギャンブルの広告規制を大幅に強化することを望んでいる。マルセラ・カンパニョーリが提出した法案にはいくつかの部分があるが、彼女が言うには、要するに “オンラインまたはバーチャルな病的ギャンブルを防止する “ことである。

このBetMGMのようなスポーツブックの広告は、アルゼンチン、アイルランド、オーストラリア、オランダなどの国々で新たな規制の対象となっている。(画像:BetMGM)

「要するに、通信メディアやバーチャル・プラットフォームにおけるオンライン・ギャンブルの広告を制限することで、タバコの広告を制限した規制のように、このような病理の発生を回避する規制を行おうということです」と下院議員は締めくくった。

法案は広告の時間帯制限に集約される。

公開された文章によれば、オンラインまたはバーチャルギャンブルの広告は、テレビ、ラジオ、メディアコンテンツプラットフォームに限定され、インターネット、ウェブページ、ソーシャルネットワークを通じてコンピューターや携帯電話で閲覧されるのは、午前1時から5時までの時間帯に限定される。

さらに、デビットカードによる賭け金の支払いを禁止する案や、「中立的でなければならず、ユーザーに直接訴えたり煽ったりしてはならない」という広告内容の制限もある。採用ボーナスの広告は禁止されている。

オランダもオンライン・ギャンブル・サービスのターゲット外広告を禁止した。オランダ政府の規制は7月に施行され、テレビ、ラジオ、印刷物、ビルボード、バスシェルター、カフェ、ゲーム場などの公共の場が対象となっている。オランダ政府は、オンラインギャンブルの広告を「適切に的を絞った方法」で許可し、無責任なプレーを奨励する表現を禁止している。

アイルランドもギャンブル規制法案を提出し、午前5時半から午後9時までの広告を禁止している。

目次

脅威を受けて広告費を増やす企業も

Sportsbetは、オーストラリアでの禁止に先手を打つべく、マーケティング費用を増やしている。連邦議会の委員会は3年かけて段階的に広告を禁止するよう勧告しており、現在の政治情勢は規制や禁止に傾いているようだ。

Responsible Wagering Australiaに代表されるオンラインベッティングショップの多くは、一律禁止では問題のあるギャンブラーを止められず、彼らは違法なオフショア市場に流れるだけだと主張している。

市場アナリストによると、スポーツベッティング/賭博に関連する広告は、過去10年間オーストラリアのメディア企業にとって大きな成長カテゴリーであった。ギャンブル広告からの収益は、過去15年間で毎年約13%増加し、2007年の5300万ドルから2022年には3億ドルに達する。

この時期だからこそ

NFLのプレシーズンと、9月から始まるレギュラーシーズンの試合の盛り上がりによって、広告費が増加し、新しいマーケティングキャンペーンが巻き起こっている。しかし、ギャンブル企業のスポンサーシップに関する疑問は、ほとんど解決されていない。

プロフットボールはアメリカ最大のスポーツのひとつだが、ルールが曖昧なこともあり、NFLの選手がいったい何に賭けていいのか、多くの人が疑問を抱いている。

ギャンブル企業によるスポンサーシップに関する疑問について、NFLはNBAに答えを求めている。NBAは昨年、DraftKingsとFanDuelの両社をスポーツベッティングの公式パートナーとする提携を発表した。

アナリストによると、NFLはスポーツベッティングに関する厄介な問題をゆっくりと処理しているが、オンラインギャンブルとデジタル広告の台頭により、より迅速な対応と、ギャンブル広告やスポンサーと広告プロフィールを増やしたい他のセクターとのバランスに特に焦点を当てることを余儀なくされるかもしれない。

今日の一言 あなたの人生を変える一言かも?

やっぱり努力してる人はなにもしてない人を認めませんよ by新藤景

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

現行最強オンラインカジノ

ステークカジノ ロゴ

ボーナス情報
✅入金不要ボーナス7ドル(毎日$1×7日間=合計$7の入金不要ボーナスビットコインがアカウントにプレゼントされます。(24時間以内に手動で付与 賭け条件なし))※当サイトのリンク経由の登録限定。
受け取り方法はアカウント>VIP>ウォレット>リロード
※2024年3月14日以降登録のユーザーは日本円・仮想通貨を含めた全通貨においての入出金をする場合にKYC2まで申請が必須となりました。

お勧めポイント
✅仮想通貨特化の現行最強オンラインカジノ!
銀行振込決済も対応!日本円の入金プレイOK!銀行送金、ベガウォレットも対応!
✅迅速な入出金でストレスフリーオリジナルゲームあり!
✅もちろんスポーツベットも可能!
✅条件無しで好きな暗号通貨がもらえるリロードボーナスやレーキバック(キャッシュバック)もあり!
現環境で最強クラスのVIPプログラム!プラチナIV以降なら毎日仮想通貨が貰える!

コメント

コメントする

目次