めにゅーいちらん
【お知らせ】Stake(ステークカジノ)が日本円入出金に対応。銀行振込、タイガーペイ、クレジットカード(JCB、Master)決済が対応しました。

岸田文雄次期首相、カジノ政策へのこだわりを貫く

  • URLをコピーしました!

毎月の新着記事一覧はこちら

次期首相の岸田文雄氏は、3つの大型統合型リゾート(IR)カジノの実現に向けた取り組みを継続することを支持しています。

2021年9月29日、自民党総裁就任を喜ぶ岸田文雄氏。岸田氏は、来月初めに退任する菅義偉首相の後任として党総裁に就任します。(画像: AP)

大阪府、和歌山県、長崎県は、それぞれIRの開発を進めています。大阪府、和歌山県、長崎県はそれぞれIR開発を進めており、今後数ヶ月以内にゲーミングリゾート構想を日本政府に提出する予定です。

岸田氏は、本日行われた自民党の党首選で4選を果たし、10月4日(月)に総理大臣に就任することになりました。菅義偉首相は今月初め、再選を目指さないことを表明していました。

岸田氏は勝利のスピーチで、「私は、全身全霊をかけて、仕事に邁進します」と述べました。「全国の党員の皆さん、国会議員の皆さん、私と一緒に頑張りましょう」。

今日の党首選の前に、岸田氏は政治的な賭けの取引所であるPredictItで、菅氏の後任としてオッズオンの人気を誇っていました。

目次

カジノ推進派

岸田氏の首相就任は、日本での市場参入を希望する残りのカジノ事業者にとっては歓迎すべきニュースです。

岸田氏は、1993年から衆議院議員を務めている。岸田氏は1993年から衆議院議員を務めており、安倍晋三首相の信奉者でもある。
安倍首相は、自民党政権下の国会で、カジノを許可する法案の成立を促した人物である。

岸田氏は、安倍首相の下で、沖縄・北方領土担当大臣や外務大臣などを歴任しました。
自民党が2018年に統合型リゾート実施法を成立させた際には、同党の政調会長を務めるなど、日本のカジノ合法化に尽力した。

岸田氏は、総理投票後の日本のカジノ自由化について聞かれると、IRの取り組みを引き継ぐことを約束した。

大阪と、選定されたIR開発パートナーのMGMリゾーツは、中央政府から3つのカジノライセンスのうち1つを受け取ることを望んでいる。
MGMが率いるコンソーシアムは、100億ドル規模の複合リゾート施設の建設を提案している。

和歌山県では、カナダのプライベート・エクイティ企業であるクレアベスト・ニーム・ベンチャーズが率いるコンソーシアムが選ばれました。
長崎県はカジノ・オーストリアの開発を日本に売り込んでいる。

重要な選挙が控えている

次期首相が日本のIRを継続するという保証はない。カジノを歓迎することは、日本の国民の間ではあまり人気がない。しかし、自民党の幹部は、数十億円規模の投資が必要な観光を促進すると考えている。

岸田氏がカジノを続けると言ったのは、国民が次の国会議員の顔ぶれを決める準備をしているときだ。11月28日までに、おそらく11月7日か11月14日に、465議席すべてを決める総選挙が行われます。

選挙の時期は、岸田首相が憲法に定められた衆議院の解散を決定した時に決定される。解散後、40日以内に選挙が行われなければなりません。
総選挙は通常、日曜日に行われます。

自民党関係者は匿名で、衆議院の解散は10月中旬になるだろうと語っている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる