めにゅーいちらん
【お知らせ】エルドアカジノで勝ち確の条件1倍100%入金ボーナスキャンペーン開催中!【6/15 0:00~6/30 23:59マデ】【未入金者限定】詳細はこちら

オリックス、大阪の統合型カジノリゾートを公約に掲げる

  • URLをコピーしました!

毎月の新着記事一覧はこちら

日本の金融機関であるオリックス株式会社は、大阪市に建設する統合型カジノリゾートに最低でも24億ドルを投じることを約束したと報じられています。

Inside Asian Gamingの報道によると、この事実は、ニューヨークと東京に上場しているオリックスが、MGMリゾーツ・インターナショナルとともに、本州で40年続く統合型カジノリゾートのライセンスを獲得するための優先的な運営パートナーに選ばれてから約7週間後に明らかになりました。

この情報筋によると、2社は現在、2029年末までに人工島である夢洲の121エーカーの土地に施設をオープンすることを目指して、ラスベガススタイルの開発のための連邦政府の許可を得る作業を行っているという。

ばからちゃん

121エーカーっていうのは東京ドームで言うとだいたい10.5個分くらいだよ。

目次

パートナーとの約束

オリックスは、ラスベガスに本社を置くMGMリゾーツ・インターナショナルから約25億ドルの出資を受けることを約束しています。
2人は現在、地域開発計画の最終決定に向けて地元関係者と協力しているとされ、既存の手元資金とさまざまな「ノンリコースローン」を利用して合計49億ドルの資金を調達するつもりであることを明らかにした。

残る負債

オリックスのCEOである矢野仁太郎氏は、オリックスとMGMリゾーツ・インターナショナルが残りの投資費用の40%を負担し、残りの費用は現地の無名のビジネスパートナーが負担することを明らかにしたという。
また、大阪の統合型カジノリゾートは「埋め立て地」であるため、「ボーリングなどの地盤調査」を行った上で、最終的な計画を提出するとしています。

報道された矢野氏の発言を読むと…

“オリックス株式会社は、今後の工程で満たさなければならない基準がありますが、引き続きプロジェクトの実施を進めてまいります。”

同一の賠償金

MGMリゾーツ・インターナショナルの社長兼CEOであるビル・ホーンバックル氏は、8月に投資家に対して、大阪で計画されているプロジェクトのために2024年から融資を開始することを検討していると報告しました。
さらにホーンバックル氏は、オリックス株式会社との契約により、現地のパートナーが見つからない場合には、残りの資金を両者が対等に補うことになると主張したとされています。

ホーンバックルは次のように述べている

「仮にこのプロジェクトを100億ドルとすると、我々はもう少し低くなると考えているが、負債と資本の比率を55/45とすると、我々にとっては20億ドルから25億ドルのチェックとなり、おそらく2024年、2025年、2026年に分けて行うことになるだろう」

ばからちゃん

気長に待つしかないのかなぁー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる