めにゅーいちらん
悪意ある攻撃や過剰アクセス等が原因で当サイトの情報は2023年8月以前のものが多く情報が古い場合がございます為、リンク先については正しい最新情報をリンク先にてご確認いただきますようお願い致します。

インドで中国製の違法なギャンブルアプリが多数摘発され、ブロックされた件

  • URLをコピーしました!

毎月の新着記事一覧はこちら

騙されやすい人を利用して詐欺や窃盗を行うことは、何も新しいことではありません。しかし、中国の犯罪者たちは、その取り組みを新たなレベルに引き上げようとしています。インド政府は、同国にまでさかのぼった230以上の違法なギャンブルや銀行のアプリを停止させるために取り組んでいます。

2020年の政治集会中のインド連邦内相アミット・シャー。同氏の部署は、中国から国内に侵入した数百の違法ギャンブルアプリの遮断に取り組んでいる。(画像:Flickr)

インドのANI通信によると、インド連邦内務省は電子情報技術省(MeitY)に対し、232のアプリについて対策を講じるよう要請したとのこと。インドの「完全性と主権」を損ないかねない有害な要素が含まれているため、アプリケーションが連邦法に違反していることを当局が確認した上での決定という。

ギャンブルや賭け事のアプリが138個、融資のアプリが94個あるとされる。政府はその名前を公表していないため、地元の人は自分がターゲットになったかどうかを知ることが難しい。

目次

ダウンロードするものに注意

この決定の背景には、モバイルアプリを通じて小口融資を求めたインド国民からの恐喝や嫌がらせの苦情がある。これらのアプリは、中国人が作成し、その活動を合法化するためにインド人をディレクターとして雇ったとされています。

これらの苦情は、すべて似たようなシナリオを描いています。お金に困っている人たちが、ある条件で融資を受けると、アプリの背後にいる犯罪者が突然、年利3,000%の金利を請求し始めたのです。借主が支払えなくなると、このアプリの代表者たちが攻撃を開始する。

彼らは債務者にわいせつなメッセージを送り、個人の姦しい写真を連絡先に公開すると脅すのです。個人がアプリをダウンロードし、端末にインストールしていたため、詐欺師は携帯電話のすべての情報にアクセスすることができました。

この問題は、インドの一部地域、特にアンドラ・プラデシュ州とテランガーナ州で自殺が報告されたことから注目されるようになりました。このパターンが明らかになると、オディシャ、テランガーナ、ウッタルプラデシュの各州政府は、情報機関とともに、アプリに関する情報を提供するよう地元当局者に要請しました。

こうした情報をもとに、連邦内務省は昨年半ば、28の中国製貸出アプリの審査を開始した。最終的には、オンラインストアにある94のアプリと、サードパーティのリンクからアクセスできる他のアプリを発見しました。

また、一般的なオンラインアプリストアからアプリをダウンロードできないケースもある。情報筋はANIに対し、賭け事のアプリやゲームは、独立した、時には無名のウェブサイトで見つけることができると語っています。

変化するインドのギャンブル・エコシステム

以前、インドの情報放送省は、賭け事やギャンブルは国の大部分で違法であるため、賭け事のプラットフォームの広告も違法であると述べていました。1995年のケーブルテレビネットワーク法、2019年の消費者保護法、2021年のIT法の法律で禁止がカバーされていると述べていました。

それはすぐに変わるかもしれない。インドは長い間、ほとんどの形態のギャンブルに反対してきましたが、オンラインセグメントに対する法的支援を模索している最中です。まだ抵抗が大きいため、簡単なプロセスではありません。

合法化によって最も恩恵を受けるであろう企業でさえ、この変更に反対しています。インドのインターネット・モバイル協会(IAMAI)は、どうやら規制されたゲームを受け入れる準備ができていないようです。

この業界団体は先週、すべてのゲームタイトルが発売前に審査・承認されなければならないという考えには反対だと述べた。これは、インドでオンライン・ギャンブルの規制を進めるために現在検討されているアイディアの一つである。

また、IAMAIは、特に規制は必要ないかもしれないので、このルールは多くの企業に財政的困難をもたらすだろうとも述べています。このコメントは、規則案について政府からのフィードバックを求める一環として出されたもので、全会員の気持ちを代弁したものとされている。

そのうちの4社によれば、それは事実ではない。The Economic Timesによると、Dream Sports、Games24x7、Mobile Premier League、Zupeeの4社は、その回答に対して反論を発表した。彼らはIAMAIのスタンスに同意していないと述べ、IAMAIが彼らに意見を求める連絡をしたことはないと付け加えている。

今日の一言 あなたの人生を変える一言かも?

私はギャンブルが出来ればそれでいいんです! by蛇喰夢子

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

現行最強オンラインカジノ

ステークカジノ ロゴ

ボーナス情報
✅入金不要ボーナス7ドル(毎日$1×7日間=合計$7の入金不要ボーナスビットコインがアカウントにプレゼントされます。(24時間以内に手動で付与 賭け条件なし))※当サイトのリンク経由の登録限定。
受け取り方法はアカウント>VIP>ウォレット>リロード
※2024年3月14日以降登録のユーザーは日本円・仮想通貨を含めた全通貨においての入出金をする場合にKYC2まで申請が必須となりました。

お勧めポイント
✅仮想通貨特化の現行最強オンラインカジノ!
銀行振込決済も対応!日本円の入金プレイOK!銀行送金、ベガウォレットも対応!
✅迅速な入出金でストレスフリーオリジナルゲームあり!
✅もちろんスポーツベットも可能!
✅条件無しで好きな暗号通貨がもらえるリロードボーナスやレーキバック(キャッシュバック)もあり!
現環境で最強クラスのVIPプログラム!プラチナIV以降なら毎日仮想通貨が貰える!

コメント

コメントする

目次