めにゅーいちらん
【お知らせ】2022年7月最新お勧めオンラインカジノまとめはこちら!

タイの議員、カジノ合法化を求める請願書を提出

  • URLをコピーしました!

毎月の新着記事一覧はこちら

タイの連邦議会議員団が、プラユット・チャンオチャ首相の右派連合政権に対し、カジノ賭博の合法化を求める特別請願書を提出したという。

ブルームバーグ通信が水曜日に伝えたところによると、議員たちは、このような動きがあれば、バンコクやパタヤなどの都市にあるラスベガススタイルのカジノリゾートに外国人観光客とその資金を呼び込み、国が大流行した経済を再建することができると考えているようです。この情報筋は、この呼びかけは、タイをより自由な法体系へと導く幅広いキャンペーンの一環でもあり、先月には大麻の合法化と同性婚の認可に向けた動きもあったと説明している。

目次

タイ国内の関心事

タイは6600万人以上の人口を抱え、マレーシア、ラオス、カンボジアなど何らかのギャンブルを認めている国々にほぼ完全に囲まれていると言われています。左派政党Pheu ThaiのPichet Chuamuangphan氏は、タイでカジノが合法化されれば、ギャンブルのために海外旅行をしていた国内の行楽客を取り込むことができるようになる、と述べたとされる。

Chuamuangphan氏は次のように述べたという

「我々は、外国人を誘致し、観光を強化し、彼らのポケットからより多くのお金を引き出すことに重点を置いています。これは、タイのギャンブラーからの資金流出を食い止め、政府が経済的な安全のために高額な税金を徴収するのにも役立ちます」

ファッショナブルな知見

さらに、議員団は、今月初めに発表された国内の調査を引用し、81%の回答者がタイでのカジノリゾートのアイデアを支持するという結果を得たと報じている。バンコクや観光地であるパタヤ、ラヨーン周辺が最も人気があり、年間110億ドルの税収増につながるという。

立法府の自由

ブルームバーグは、同委員会の請願は、1935年に制定されたタイの賭博法の特別条項に基づいており、政府が特定の地域に賭博場建設の権利を与える一方で、国全体ではこうした娯楽を違法とすることを認めていると報じています。アナリストのKai Lin Choo氏とAngela Hanlee氏は、3月に提出された書類をもとに、韓国とベトナムの外国人専用施設が「カジノは安定した客足がないと苦しいことを示した」として、こうした企業の成功の鍵の1つは地元の人たちがギャンブルできるようにすることだと主張したとされている。

総合的な構成

また、Chuamuangphan氏は、外国企業を含む官民パートナーシップや海外企業に直接ライセンスを発行することでタイにカジノを誘致することができると強調したという。その場合、遊園地やコンサートホールなどのエンターテイメントに加え、ホテルや小売店なども併設する必要があると述べたという。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

激アツな1xBIT

ボーナス情報
✅入金ボーナスMAX7BTC!!!
初回入金 - 100%ボーナス最大1BTC 2回目入金 - 50%ボーナス最大1BTC
3回目入金 - 100%ボーナス最大2BTC 4回目入金 - 50%ボーナス最大3BTC
✅入金不要フリースピン40回!SweetBonanzaで、ステイクは0.2mBTC!

お勧めポイント
✅仮想通貨専用の為、本人確認一切不要!
✅仮想通貨専用のオンラインカジノ&ブックメーカー
✅25種類以上の仮想通貨対応!
✅上級者は絶対登録しているカジノ!

コメント

コメントする

目次