めにゅーいちらん

日本のIR計画、最近の発表から見えてきたことは?

毎月の新着記事一覧はこちら

日本の統合型リゾート(IR)市場が少しずつ見えてきた。まだ、多くの未解決の問題があるが、大阪、長崎の前進でクリアになりつつある。
1月中には、すべてが明らかになるはずだ。

長崎は、IRの進捗について最も声を大にして言い続けている。最近、数回の更新を行い、年末までにさらに多くの情報を提供する予定である。県は、GGRAsiaに対し、2社が参加リストに追加されたことを明らかにした。

目次

長崎県のIR計画に2社が追加されました。

オーストリア発の高級ホテルブランドであるホテル・ザッハーがIRに参加することになりました。
長崎のカジノ開発パートナーにカジノス・オーストリアが選ばれたことを考えると、同社の参加はまったく予想外というわけではないだろう。

日本のメディア企業も参加する。角川書店のドワンゴが「ジャパンハウス」(仮称)という多目的劇場を開発する。

長崎県は、カジノ・オーストリアが年末までにすべてのピースを揃えることを期待している。
県は、誰がどの程度関与するのか知りたがっている。
また、IRの開発資金をどのように調達するつもりなのかも示さなければならない。1月末日までに情報を提供することになっている。

IR計画に関する公聴会を数回開催した後、長崎県はさらに一歩前進している。現在、地区開発計画に関する意見書を受け付けている。このほど、より良い形でプロジェクトを紹介するため、計画の一部を描き直した。

一般からの意見は1月17日まで受け付けている。その後、県はすべての意見を検討し、2月からさらに公聴会を開いて最新の情報を提供する予定です。その際、プロジェクトの資金調達やIRが県にもたらすメリットなどが話題になることは間違いないだろう。

大きく前進した大阪府

大阪府は、ここ数ヶ月、IR計画について比較的静かであった。
少量の情報を垂れ流すにとどまっている。
しかし、現在、それは変化しており、何が来るのか、より明確になってきている。

少なくとも20社以上がIRに参加することになる。大阪府は昨日、パナソニック株式会社、三菱電機株式会社、日本通運株式会社、西日本旅客鉄道株式会社のような企業がこのプロジェクトに投資することを発表した。
いくら出資するかはまだわからない。

リゾートは大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)に建設される。
大阪市は、除染や液状化対策など土壌改良に総額790億円を負担する。

当初は2025年の関西万博の前に開業する予定だった。
しかし、COVID-19の大流行により、その目処が立たなくなった。2029年が新たな目標とはいえ、あと1〜3年は遅れる可能性がある。
コロナによるパンデミックの推移と国土強靭化の進展次第である。

大阪府のIR目標は見直しが必要

夢洲の地中では、ヒ素やフッ素など日本の安全基準値を超える元素が検出された。また、土壌が液状化(固体から液体に変化すること)していることも判明し、別の問題も浮上している。

大阪市は安全対策特別会計に約790億円(6億9100万米ドル)を計上する。

カジノリゾート全体の初期投資総額は1兆800億円(94億4000万米ドル)
このうち、一次事業者であるMGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスが5300億円(46億3000万米ドル)を出資します。
それぞれ約40%を負担することになります。残りの20%は新パートナーが負担する。

大阪は長崎と同様、2月にIR計画のパブリックヒアリングを実施する。
最終計画は来年4月28日までに国会に提出しなければならない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる