めにゅーいちらん

カジノ従業員が見た奇妙なものとは?

毎月の新着記事一覧はこちら

・最高の逸話は、カジノ従業員がこれまでに見た最も奇妙なことから生まれる
・トイレに行くか、スロットのそばにいるか?その判断は
・幽霊が常連客のカジノ

あなたは、裏で働いている人たちが私たちを見ていることを考えたことがありますか?

その昔、エリートは使用人の前では気をつけなければなりませんでした。
彼らはいつもそばにいることが求められていましたが、静かに目立たないようにしていたので、すぐに忘れられてしまいました。
当時はちょっとした敵対的な噂が評判を落とすのに十分でした。ありがたいことに、今では最悪の場合、陰で笑われることもあります。私たちは、レストランやホテル、そしてカジノの賢い従業員のことを忘れがちです。本来、彼らの仕事は、巧妙でありながら目立たないようにすることなのだ。
しかし、ゲストの前では控えめでプロ意識の高い人だからといって、見たことを自分の胸にしまっておくとは限りません。
記事をチェックして、一緒に大笑いしましょう。カジノ従業員が見た奇妙なものをお届けしました。

目次

魅惑的すぎるギャンブルゲーム

従業員からの報告によると、ギャンブラーがトイレに行けなかったことが何度もありました。
迷路のような部屋から出られなかったのではなく、ゲームがあまりにも魅力的で離れられなかったのだと思います。
勝ったら席を立たない」という言葉を真に受ける人もいる。
噂によると、負けたお金を取り戻すために、カジノの様々なアイテムにおしっこをかける人もいるそうです。経験上、小銭の入ったバケツがいい標的になります。

結局のところ、ギャンブラーの中には、自然の流れに乗って、勝っている最中に被害妄想に陥る人がいる。誰もいないカジノでスロットをしていた女性が勝ち続けていました。
衝動を抑えきれなくなった彼女は、トイレに駆け込むのではなく、スロットマシンの裏に行って用を足したのである。
カメラが見ているとわかっていながら、誰もいないカジノと賞金を置いていくなんて、まともな人はいないでしょう?

しかし、次の物語の主人公たちは、間違いなく最も頑固なギャンブラーのカテゴリーを獲得しています。
襲撃者が銃を発砲したとき、警備員はプレイヤーを銃弾から守るためにスロットから遠ざけなければならなかった。
どのスロットマシンに価値があるんだろう。
もしあなたもそうなら、以下の記事をチェックして、警備員にタックルされないようにオンラインでプレイしてみてください。

あわせて読みたい
【2021年最新】お勧め&入金不要ボーナスがもらえるオンラインカジノまとめ【登録だけで610$+α】 ばからちゃん このページでは当サイトがオススメする日本で安全にプレイが出来るオンラインカジノを簡潔に紹介しているページだよ。 各入金ボーナス情報や登録だけで入...

カジノの従業員が見たこともないような変な人が出てくることもあるかも?

複数の従業員が、古典的なラブストーリーについて語ってくれた。
車椅子の金持ち老人と20代のゴールドディガーの妻がギャンブルで金を散財するというものだが、カジノでは婚活独身者も後を絶たない。
攻めるギャンブラーが、ギャンブルテーブルだけでなく、女性に対しても運を使い続けることは何度もあることだ。
ありがたいことに、このような場合、カメラや証券があります。
そしてもちろん、無害だが地獄を見ている者もいる。ある関係者によると、外見があまり良くない男性が、カジノに行くたびに彼女を見つけるためにあらゆることを試していたそうです。

彼は7フィート以上あり、臭くて、出血性の発疹が顔を覆っていた。
他のギャンブラーからも苦情が出て、しばらくすると全てのテーブルを離れなければならなくなった。
彼は少し強引だが親切だったが、これはめでたい話である。どういうわけか、彼はカジノでソウルメイトを見つけたのである。
その女性は彼の女性版に似ていて、本来ならば、おそろしいほどの存在だった。
しかし、カジノの神様が優しい巨人に微笑んでくれた後は、ギャンブルに来なくなったそうです。
カジノの従業員が見たこともないような奇妙な出来事が、必ずしも悪い結果を招くとは限らないということを、良い教訓としましょう。

負けず嫌いな人たち

ひどい負け方をする人たちがいます。中には、必要以上に暴力を振るう人もいます。
あるクルーパーによると、冷静な顔をした紳士がカジノにやってきて、5万6千ドル以上のトークンを要求したことがあった。しかし、それを手に入れた後、彼は狂ったようになり、監視カメラに向かって話し始めました。
彼は文句を言い、非難し、侮辱し、そしてもっとしっかりしたものを投げようとした。
灰皿を奪い取り、それでカメラを壊そうとしたのだ。
その時点で警備員は覚悟を決め、彼を連れ出した。
セキュリティスクリーンの向こうでは、さぞかし愉快なショーが繰り広げられたことだろう。

カジノは、窓のない迷宮のようなゲームルームと、魅惑的な豪華さを持つ別世界である。
それが、人がコントロールを失って狂気的な行動をとる理由の一つなのだろう。
防犯カメラの後ろにいた人が、見た奇妙なことを話してくれた。
ある客がルーレットで3分の2の数字を出したが、それでも負けてしまった。
すると突然、お金を奪って走り出したのです。捕まえると、状況的には金を食べようとしたが、ボスのような警備員は躊躇しなかった。
吐き出させて、お金をディーラーに返したのです。

カジノ従業員が見た最も奇妙なものの一つが幽霊の姿です

世界には、不気味な幽霊が目撃されるカジノがいくつかあります。
ラスベガスのバリーズカジノもその一つです。
このカジノの敷地内には、かつてMGMグランドホテルが建っていましたが、大火事で80人が亡くなりました。
この事件では、80人が亡くなりました。
多くの従業員や宿泊客が、誰もいない部屋で椅子やテーブルが動いているのを見たと報告しており、中には建物の中で幽霊を見たと主張する人もいます。
とはいえ、超常現象が苦手な方は、幽霊の出ないオンラインカジノをプレイしてみてはいかがでしょうか。

Bullock Hotelは、幽霊が出るカジノとも言われています。
建物の名前は、1919年にこのカジノで亡くなったバロック保安官にちなんでつけられました。
噂では、夜になると部屋に人影が現れたり、シャワーのスイッチが入ったり入らなかったりするそうです。
しかし、これらの霊は無害だという。人々は、彼らがギャンブルのゲームで客を助けると信じています。
なんてクールなんでしょう!

超常現象の中でも最も恐ろしいのは、ルクソール・カジノでの出来事だろう。
奇妙なことは、最初から始まっていました。建設中に7人の労働者が亡くなりましたが、オーナーはその悲劇的な死を伏せていました。
それ以来、作業服を着た幽霊がカジノ内を徘徊しているのを目撃する人が後を絶たないのです。
しかし、これらはカジノ従業員が見た奇妙なものではありません。
ルクソールにはタイタニックの展示があります。タイタニックといえば、やはり災害がつきものです。
沈没した船からの本物の品々が展示されており、もちろん、亡くなった乗客の何人かがコレクションの中をさまよっているという報告もある。
さらには、90年代以降、何人ものゲストが館内で自殺しています。
幸いなことに、従業員やゲストに暴力を振るったという報告はありませんが、不気味な出来事の多さには不安を覚えます。

ばからちゃん

自分を助けてくれる幽霊的な何かはいませんかね?

終わり

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる