めにゅーいちらん

日本の新首相は、統合型カジノリゾートの到来を訴えています

毎月の新着記事一覧はこちら

岸田文雄氏(写真)は、日本の首相に就任してからわずか1週間で、国会議員に対し、日本が「観光先進国」になるための「重要な手段」として、統合型カジノリゾートを建設すると述べたという。

GGRAsiaの報道によると、64歳の首相は先月末、3人のライバルを抑えて、不人気だった菅義偉氏の後を継ぎ、第100代内閣総理大臣に就任したという。10月4日に正式に就任した同氏は、19日に予定されている次の総選挙で自民党を率いることになるという。

目次

グローバルな目標

岸田氏は、2030年までに年間6,000万人の外国人観光客を誘致するという日本の目標を達成するために、3つの統合型カジノリゾートを建設することを明らかにしました。
岸田氏は、これらのラスベガススタイルの開発は、大規模なゲームフロアだけでなく、ホテル、家族向けの娯楽スペース、会議や展示会を開催する施設を備えているため、この努力を支援するものであると述べたとされる。

岸田氏は、次のように述べています

統合型カジノリゾートは、日本が将来的に観光先進国になるための重要な取り組みです。
現在、各地方自治体がリスクアセスメントを含む統合型カジノリゾートの申請書を作成しており、統合型リゾート実施法案等に基づくカジノに対する厳しい規制の実施など、必要な手続きを適切に進めています。

財務上の落ち度

一方、Inside Asian Gamingによると、岸田氏は多くの批判に答えて、今後のカジノフレンドリーな開発には、ギャンブル依存症の増加を防ぐための対策を講じることが求められていると明かしました。

また、安倍晋三政権下で外務大臣を務めた岸田氏は、これらの施設がホスト国の経済にポジティブな「波及効果」をもたらし、雇用の増加や経済の見通しの改善につながると主張したとのことです。

主な候補

日本では現在、ほとんどのギャンブルが違法とされていますが、安倍連立政権は2018年7月に統合型リゾート実施法案を可決し、3つの大型統合型カジノリゾートの免許取得プログラムを開始しました。

大都市である大阪市、和歌山県、長崎県は、プログラムの要件である優先的な運営パートナーを既に選定しており、4月28日の期限に向けて、連邦政府の選定委員会に正式な入札を提出する準備を進めています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる