めにゅーいちらん

ノルウェーのオンラインゲームの概要

毎月の新着記事一覧はこちら

ノルウェーのギャンブル専門家は、ほとんどの場合、違法であると言うでしょう。

時代遅れの法律を回避して実際にプレイする方法がたくさんあるので、あくまでも「ほとんど」違法なのです。

ばからちゃん
ばからちゃん

なんだか日本に似ている気がするね。

ノルウェーのプレイヤーにはたくさんの選択肢がありますが、問題のあるギャンブル、財務上の不正、民間企業の利益という3つの防止策の柱を満たしている場合に限られます。

ノルウェーは、北欧地域のどの国よりも責任あるギャンブルに真剣に取り組んでいます。

しかし、ノルウェーのギャンブルに関する法律は厳しいものですが、ヨーロッパで3番目に大きなギャンブル国であり、オフショアのオンラインカジノやスポーツブックに登録する人の数も増えています。

目次

ギャンブルの独占状態

ノルウェーのギャンブル産業は、Norsk Rikstoto社とNorsk Tipping社という2つの国有企業によって管理されており、これらの企業が組み合わさって、馬券、スポーツ・ベッティング、ケノ、宝くじなど、さまざまな機会を提供しています。

文化・教会省は、セッションの長さ、サービスの時間、賭け金の上限など、ゲームのルールを定めています。

ノルウェーのギャンブル法

ノルウェーの居住者は、非営利目的である限り、民間の会場を組織してギャンブル・パーティーを開催することができます。実際にプレイしたい人は、Norsk Tippingが提供するゲームだけが利用できます。

国が管理しているため、ノルウェーは現在の独占状態を何としても守りたいと考えていますが、EUはこの問題について反対意見を表明しています。

そのため、外国企業や大手カジノ業者が足を踏み入れないよう、政府は対策を講じています。2010年には、銀行がギャンブル関連の資金を処理することを違法とする法律も成立しました。

政府は、人々がオンラインカジノなどに登録するのを規制することはできませんが、国民はギャンブルで得た賞金を申告し、税金を納めることが法的に義務付けられています。

ここでは、いくつかの重要なポイントをご紹介します。

・プレイヤーは18歳以上でなければ賭けることができませんが、スクラッチカードで賭けることができる法定年齢はありません。
・外国企業は、民営化されたギャンブル商品の広告を出すことはできません。
・海外でも事業を展開しているノルウェーのギャンブル会社は、ラジオ、テレビ、雑誌でのみ広告を出すことができます。

以上を踏まえて、ノルウェーでのギャンブルが合法かどうかを決める重要な法律は以下の通りです。

1992年賭博法

これによりノルスク・ティッピング社はサッカーや宝くじのゲームで賭けの機会を提供する独占権を得ている。文化教会省はこれらのゲームを監督し、すべてが彼らの好みに合うようにしている。

1995年宝くじ法

これは非常に詳細な法律の一部です。宝くじ法は、リアルマネーゲームを定義し、説明しています。これは、個人や企業が非営利のゲームイベントを開催することを認める法律です。

1927年のトータリゼータ法

この法律により、Norsk Rikstoto Foundationは競馬の賭けの機会を提供する独占的な権利を有しています。賭博法と同様、文化省の厳しい監督下に置かれています。
ノルウェーのスロット

スロットはノルウェーでは興味深いテーマです。

1995年の宝くじ法により、リアルマネーでスロットをプレイすることが合法化されましたが、技術の急速な進歩をカバーするには十分な範囲ではありませんでした。

ノルウェー国民は、スロットをよく遊びます。実際、2004年にはスロットだけで260億ノルウェークローネ以上の収益を上げていました。

これは、スロットが宝くじ全体に占める割合が小さかった1990年代前半に比べて、大幅に増加しています。この時期のスロットの収益は、約2億ノルウェークローネに過ぎなかった。

法律がこの大規模な爆発に対応できなかったため、スロット業界は政府の干渉を受けずに急速に成長していきました。

1995年の宝くじ法では、慈善団体がスロットを提供することしか認められていませんでしたが、民間企業がこれらの慈善団体のためにスロットを提供し、その利益のわずかな割合を自分たちのために確保するようになると、何もできなくなってしまいました。

そこで議員たちは、ギャンブル産業、特にスロットの成長に対応するため、新たな法律の制定を余儀なくされました。

最終的には2003年に法案が提出されましたが、スロット会社が裁判を起こしたため、法制化には至りませんでした。最終的にノルウェーは2007年にスロットを禁止し、その数年後にはビデオ・ターミナルに切り替えました。

このビデオ・ターミナルは、それまでのスロットほど注目されなかった。主な理由は、魅力的ではなく、ユーザーフレンドリーでもなかったからだ。さらに、プレイヤーは特定のカードを使用しなければプレイできなかった。

それ以来、変化はありません。つまり、スロットをプレイしたい人は、オンラインでスロットをプレイするために、さまざまなオンラインカジノに向かっているのです。

ノルウェーのオンライン・ギャンブル

ノルウェーのオンライン・ギャンブル法は厳しいものですが、オンライン・ゲームをカバーするには十分ではありません。

国民がオンライン・ゲームを楽しみたがっているため、効果的なオンライン法が必要とされています。これは、実店舗のカジノがないこと(実際、ノルウェーのカジノクルーズの数はランドベースのカジノの数より多い)と、オンラインゲームの人気がますます高まっていることから、さらに重要になっています。

ノルウェーでギャンブルをする人の80%は、オンライン・カジノで賭けたり、オンライン・スポーツブックを利用したりしていると言われています。

もちろん、国営のNorsk Tipping社もこのことを知っています。それを受けて、プログレッシブ・ジャックポットやその他のゲームでプレイヤーを惹きつけるために全力を尽くしている。

しかし、それだけではまだプレイヤーを納得させることはできない。プレイヤーは、オフショアのカジノでプレイすることで、より豊富なゲームやボーナス、ロイヤリティ報酬、そしてより大きなジャックポットを手にすることができることを知っています。

オフショアサイトでは、ノルウェー人が直面する銀行問題を回避することも可能です。プレイヤーは、希望すればNOKでプレイすることができますが、他の安全な方法で入金することも可能となっています。

ノルウェーで合法的にゲームをするには

本格的にプレイしたいノルウェー人は、Norsk Tippingのサービスを利用するか、ライセンスを取得している海外のオンラインカジノにアクセスすることができます(ノルウェーからのプレイヤーを受け入れている場合)。

他のオフショアサイトと同様、有効なライセンスを持っていることを確認してください。NOKでプレイできるオンラインカジノは、ノルウェー語でサービスを提供しており、カスタマーサポートも充実しています。

そこから、オンラインポーカー、スポーツベッティング、テーブルゲームなど、豊富なゲームの中から選んでプレイすることになるでしょう。

ばからちゃん
ばからちゃん

ジャパンもパチンコなんかよりカジノに力いれて、どうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる