めにゅーいちらん

長崎県の統合型カジノリゾートの誘致に大規模な甘味料を追加

毎月の新着記事一覧はこちら

日本では、長崎県で計画されている統合型カジノリゾートの優先運営パートナーに選ばれるために、地元のコンソーシアム「The Niki and Chyau Fwu (Parkview) Group」が、10億ドル規模のスイートナーを追加したと報じられています。

Inside Asian Gamingの報道によると、東京に本社を置くこの企業は、アジアの建設会社である香港パークビュー・グループ・リミテッドと日本のホテル大手であるザ・ニキ・カンパニー・リミテッドの合弁企業であり、九州の管轄区域で計画されているギャンブル性の高い開発を運営する可能性のあるレースに残っている3つのランナーのうちの1つです。

目次

必要な関係

長崎県は約130万人の人口を抱えており、ハウステンボスに隣接する74エーカーの土地にラスベガススタイルの施設を建設するために、日本で予定されている3つの40年カジノライセンスのうちの1つを獲得することを熱望していると言われています。しかし、関係者によると、2022年4月の期限までに最終計画を連邦政府の選考委員会に提出する前に、まず経験豊富な外国の事業者と提携することが求められているという。

興味深い誘因

The Niki and Chyau Fwu (Parkview) Groupは、長崎県に10億ドル規模のデータセンターを建設し、統合型カジノリゾートを提案しています。この企業は、香港に上場している物流不動産プラットフォームESRケイマン・リミテッドがこの施設を建設・運営し、より広い地域に「ニューエコノミー・インフラ」を構築することを宣言したとされています。

継続的なコミットメント

大石悦子氏はThe Niki Company Limitedの取締役副社長を務めており、The NikiとChyau Fwu (Parkview)グループは現在、長崎県に世界クラスの統合型カジノリゾートを建設することに注力しており、地域経済の活性化と地域社会に長期的な利益をもたらすことができると宣言したと報じられています。

報道された大石氏の声明文を読むと…?

「ESRケイマン社のような世界的リーダーが我々の隣の地域に投資してくれることは、我々の投資が地域の統合型カジノリゾートにとどまらず、どのような影響を与えるかを示す一例です。私たちは、このような大きな副次的利益をもたらすお手伝いができることを嬉しく思います。”

褒め言葉の宣材

ESRケイマン社のエグゼクティブ・ディレクターであるスチュアート・ギブソン氏(写真)は、ニキアンドチャウファウ(パークビュー)グループとのパートナーシップ締結に喜びを示した上で、同社と長崎県における統合型カジノリゾートの提案を「まさにクラス最高のもの」と表現したと報じられています。

ギブソン氏の発言は次のようなものだった。

「この開発は、レクリエーション、ホスピタリティ、文化の場を作り、世界的な観光の目的地となるでしょう。これは私たちの事業と完璧にフィットするものであり、ライセンスを取得した場合には、その土地の周辺に21世紀型のインフラセンターを作ることを約束します」と述べています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる