めにゅーいちらん
【お知らせ】Stake(ステークカジノ)が日本円入出金に対応。銀行振込、タイガーペイ、クレジットカード(JCB、Master)決済が対応しました。

オンラインカジノで勝ち続ける為に考えなければいけないことをいろいろ解説してみる

  • URLをコピーしました!

毎月の新着記事一覧はこちら

ばからちゃん

さてこのサイトを見てくれている人たちの99%は【勝つ】ためにいろいろ良い方法とかないかと試行錯誤するような上級者な人たちが多いと思うんだよ。
勝つといっても一時的な大勝ちなのか、1週間1か月1年間単位での【勝ち続けるこの】なのか分かれると思うんだけど、長期的に安定して勝ち続けられるのであればそれでいいって人が大半じゃないかな?
そんな人は続きを見てね!

るれ子

安定して勝ち続けること。
これさえできればいいのよね実際問題。

目次

まず勝ちの基準を決めよう

ばからちゃん

オンラインカジノでは、0.1ドル程度でベットする人もいれば100ドル1000ドルを一気にベットする人もいるので、ベット額というかお財布事情は人によって異なるよね。
1万入金の人が10万勝ったら結構勝った感じになると思うし、100万入金している人が1万勝っても(十分かもしれないけど)大した勝ちとは言えないよね。
とまぁ勝ちの基準は一概には言えないので、入金額の10倍以上の利益が出たら普通に勝ちって感じかな?
地道に増やしていく人の場合は入金額の10%でも増えれば十分だと思うし。

るれ子

まぁ勝てば勝つほどいいんだけど、「今日はこのくらい勝ったらヨシ!」っていうのを決めておくといいわよって話ね。

絶対に必要なドローダウン(最大損失額)を理解せよ!

ばからちゃん

ドローダウンというのは最大損失額の事で、例えばマーチンで4連敗で損切りする場合のドローダウンは15単位ということだよ。
モンテカルロ法のとかの損失額が一定ではないような場合はいくらまでの負けって決めておくみたいな感じで、決めておかないとドローダウンは無限になってしまうよ。
あるあるだけど、損切ラインを決めていても熱くなって全ツッパしてしまい全額溶かすといったことはみんなしたことあると思うから、そういうことが無いように自制するって意味合いもあるよ。

るれ子

プレイするゲームにもよるから以下を参考にしてみてね。

スロットの場合

スロットの場合はベット額が決まっていますよね。
例えば500ドルの資金があったとして、1ドルベットで100回回した場合は最悪100ドルが無くなるわけですから、ドローダウンは資金に対して20%になります。

もし最初に【資金の20%が損失として出てしまったらやめる】と決めていたのであれば、やめましょう。

スロットの場合は事前に最大の損失額がわかりますので、【このくらい負けたらやめる】とか【このくらい勝ったら勝ち逃げする】とか決めておくといいでしょう。

ライブゲームの場合

ライブゲームの場合は、ルーレットでもバカラでもブラックジャックでもフラットベットではなくベット額が上下する場合が殆どでしょう。

特にマーチン系の追っかけるタイプのベットはかなり注意しないといけません。

負けが込んでくるとどうでもよくなってオールインしたくなる気持ちはわかりますが、その気持ちを抑えるのも勝つために必要なことです。

ですので基本的に資金が〇%減ったら終わりといった感じで決めておくといいんじゃないでしょうか。

または最悪失ってもいい金額だけ入金するといった方法を取り、物理的に余計なベットをしない具体的な状況を作っておくのもいいと思います。

ばからちゃん

ドローダウンを決めておくのは良いとして、ライブゲームで何かしらのベッティングを使う場合は、事実上勝ち越せるかがポイントなんだよ。

例えば↑の表のようなライブルーレットで7点ストレートベット(実質配当5倍ちょい)でココモ法を行うとします。

損切りのラインを6回だとして、最大14000円のドローダウンです。
この場合の平均利益は6,633円(たぶん合ってないケド)とするなら少なくとも4回に3回は成功しないとプラス収支にはならないわけです。

6回目で当たるなど当たり所によっては1回でも勝てばプラス収支になる場合もあるでしょうが、厳しく考えると1回あたりの利益を3000円だと考えた場合は少なくとも6回中5回は成功しないとプラス収支になりません。

これで戦うとなれば、出やすいゾーンを狙うとか、来ていないゾーンを狙うとか、前回の当選エリアを狙うとか、視覚弾道学を使い物理的に落ちやすい位置を狙うとか、様々ベット箇所を選ぶことはできますが、”確率上は”勝率を上げれるものではありません。

なのでこの場合14000円のドローダウンに対して83.3%の勝率を維持できればプラス収支に持ってける計算になるはずです。(平均利益が3000円と考えた場合)
4回中3回当てればいいなら75%以上の勝率でいいわけです。

なのでこういう感じで事前に【勝率が〇%以上あれば理論上はプラス収支になるな】と考えておくのがいいんじゃないかと思うわけです。

もう1つ例を出します。

あわせて読みたい
15点+α法で一気に勝ちまくれ!【ルーレットオリジナル攻略法】 ということでベラジョンカジノですら100ドル→1050ドルの利益を出せた【15点+α法】の紹介をするよ。詳しくは続きをみてね~ パーレーとネイバーを組み合わせたようなよ...

恐らく表を見て意味が分からないと思いますが、↑の記事の15点+α法を表と化してみたものです。

このやり方の場合はパーレー系の逆追っかけのベッティングですので、【資金に対して〇回負けたら〇%の資金が減る】という計算が楽です。

表の場合は1単位が40円、ベット合計が1080円ですから1ユニットが1080円が1回の最大損失額です。
108,000円の資金があったのであれば100回負ければポピン、50回負ければ資金に対して50%の損失となります。

当たる確率は40%程度なので、100単位の資金があった場合、7連勝出来れば100%勝ち確定なわけです。(5のベット額の4倍配当は表では考慮していないので、5で当たった場合はもっと利益が出ます)

ですのでこういったベッティングの場合は、【〇回負けたら〇%資金が減ったので、今日は辞め!】という感じで自己管理が出来ます。

10連勝成功してしまえば、最低でも初期ベット額の1000倍ですので、低リスクながら大勝ちの可能性もあるのでそれなりに楽しめます。

ばからちゃん

もちろんやり方は人それぞれだけど、いくら勝つためにどれくらいのリスク(ドローダウン)が必要かっていうのを頭に少しでも入れておくといいかもしれないよってことだね。

実際に利益が出ているのか確認せよ!

ばからちゃん

時間が無くて短期的勝負な人ならまだしもある程度時間があって数百数千セットの試行を行う人もいると思うんだよ。
理論上の確率はいったんおいといて、今自分がやっている方法でプラス収支になったか?またはプラス収支になっていた可能性があることが重要なんだよ。
例えばパーレー系であれば〇回のうち最大何連勝出来たかわかっていれば、【〇連勝がマックスだから〇連勝か〇連勝-1回で利確しよう】とか考えれるよね。
その利益が自分にとって十分な額であれば、その方法を維持できるか検証を行うことになると思うんだよ。
パーレー系であれば〇回は可能性がある!というのに対してマーチンなどの追っかけ系はまさしく青天井連敗になりえるから注意だね。
ただ追っかけ系でも、損切り込みで増え続けるのであればいいと思うんだよ。
なかなかないけどね笑

勝った時こそベット額を上げろ!

ばからちゃん

マーチンなどの追っかけ系は馬鹿みたいに追っかけるのに、勝った時にベット額を逆に下げてしまう人もいるんじゃないかな?
これは考え方の問題だから1つの意見として見ていてほしんだけど、必ず負ける方法があるならその逆をやれば必ず勝てる方法なんじゃないだろうか。
配当2倍勝率50%のゲームでマーチン10連敗してベット額の1000倍を失うなら、パーレー10連勝して1000倍の利益を出せるってことなんだよ。
10連勝なんていうのはなかなか刺せない確率だけど、追っかけてる時は10連敗なんて普通にあるよね。
なので普段追っかけてベットアップするなら、勝った時にベットアップしてみたら思わぬ大勝ちになるかもしれないよ。

るれ子

利益を残したいという気持ちもわからんでもないけど、なかなかの大勝ちじゃなければ勝った時にこそ突っ込んでみるのも1つの手よ。

一気に勝ちたいならスロット専門になるのも1つの手と言える

ばからちゃん

理論上還元率(RTP)が100%を超えるゲームは基本的にないので、長くやればやるほど負けてしまうという事実はあるよね。
と言っても数えられないほどの試行数があって漸くそのRTPになるわけなので、宝くじと一緒で当たる勝つ人はいるんだよ。
だからスロットで1ドルベットでも万ドル(100万以上)を狙うことはできるし、ライブゲームでも100ドルが万ドルに化けることだってあるわけなんだよ。
しかしライブゲームで複雑な戦略を持って時間をかけて・・・というのが面倒なんだよなぁ・・・って人はスロットだけをプレイしてみるのはどう?って話なんだよ。

るれ子

スロットのRTPは大体92%~97%の台が殆どよね。
つまり【100,000円突っ込んだら92,000円~97,000円になって戻ってくるよ理論上は】ってことなのよ。
となると所持資金に対して3%~8%程度のマイナスにしかならないってことなのよ。
ライブゲームで10,000円持ってて1,000円負けることは普通だけど、スロットは理論上はそんなことないよってことね。

ばからちゃん

といってもスロットでも機種にもよるけど全くダメ1000回回してもフリースピンどころかまともな配当一切なし!ってこともあるからあくまで理論上の話ね。
逆にベット額の万倍以上の配当だってあり得るわけだから、ライブゲームの自信がないのであれば、スロットだけのプレイに切り替えたら思いのほか資金の減りが無かったり、資金の増加が多かったりするかもだからそういうのもありかもしれないよってことなんだよ。

まとめ!

ばからちゃん

とまぁいろいろ書いてみたけど、やり方は人それぞれだから一概には言えないけど、最終的には自分がどうしたいか(どういう結果を望んでいるか)なんだよ。
それに対していけるのかいけないのかを事前に判断して勝負したり機械的作業をしてみたりする感じだからね。
まずいくら勝ちたいのかを明確に決めて実際に可能なレベルなのか不可能なレベルなのか判断するだけでも立ち回りは変わってくると思うんだよ。

るれ子

とりあえず皆さんが勝てることを祈っているわ。
どんな時も冷静な人が勝つのよ。

終わり!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる