めにゅーいちらん
悪意ある攻撃や過剰アクセス等が原因で当サイトの情報は2023年8月以前のものが多く情報が古い場合がございます為、リンク先については正しい最新情報をリンク先にてご確認いただきますようお願い致します。

マカオにおけるゲーミング関連犯罪の件数が大幅に減少

  • URLをコピーしました!

毎月の新着記事一覧はこちら

マカオのギャンブル市場に関して、良いニュースがあります。マカオの治安を担当するウォン・シオチャック長官が金曜日に明らかにしたように、2022年に賭博関連の犯罪が大幅に減少した。

前年と比較すると、41.6%の減少です。2021年にはゲーム産業関連の事件が635件報告されたが、2022年にはその数は371件にとどまった。

目次

COVID-19の影響

2022年、何らかの不正を含むケースは86件で、2021年に比べて56.1%減少しています。また、発注のケースに至っては、2022年には44件にとどまり、その数は31.3%減少しています。また、不正流用は34件で、前年度より47.7%と大幅に減少しています。高利貸しは33件で、その数は53.5%減少している。窃盗は26件で、40.9%の減少です。

何らかの形で犯罪に巻き込まれた人のほとんどは本土の人で、その数は272人。マカオの住民はわずか147人、香港の人はさらに少なく、わずか10人でした。

一方、ゲーム犯罪の被害者も、ほとんどの場合、中国本土の人たちです。何らかの犯罪に巻き込まれた中国本土の人の数は129人です。マカオの地元の人も被害にあっており、そのうちの72人が被害者です。香港のお客さまは、10人しか被害に遭っていないため、それほど大きな被害は受けていません。

この結果には、当局も国民も驚いていない。2022年はCOVID-19の流行がマカオを襲ったため、2021年に比べてマカオへの訪問者数が減少しているのです。

過去4年間で最も犯罪件数が少なかった。

ウォン氏はこう語る。”SAR政府は昨年9月にギャンブルライセンス入札を開始し、11月下旬に結果を発表しました。これまで、ギャンブルライセンス入札による公共秩序への悪影響は見つかっていない。

“関連情報と情報によると、昨年は新しいギャンブル法の導入とギャンブル産業の低迷により、ギャンブル産業に関連するトライアド組織やメンバーは…発見されていない。”

減少が目立ったのは、賭博関連の犯罪だけではありません。あらゆる種類の犯罪が減少し、2022年には9.799件となりました。2021年と比較すると、13.9%という大幅な減少となっています。また、2019年のその数は14.178件、2020年は10.057件、2021年は11.376件と、過去4年間の犯罪件数を下回っている。

ウォンは、マカオの明るい未来に向けた重要な一歩であり、安全な都市としての評判を確立するものだと考えています。

今日の一言 あなたの人生を変える一言かも?

行かせてやれ、わかってやってるんだから byオットー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

現行最強オンラインカジノ

ステークカジノ ロゴ

ボーナス情報
✅入金不要ボーナス7ドル(毎日$1×7日間=合計$7の入金不要ボーナスビットコインがアカウントにプレゼントされます。(24時間以内に手動で付与 賭け条件なし))※当サイトのリンク経由の登録限定。
受け取り方法はアカウント>VIP>ウォレット>リロード
※2024年3月14日以降登録のユーザーは日本円・仮想通貨を含めた全通貨においての入出金をする場合にKYC2まで申請が必須となりました。

お勧めポイント
✅仮想通貨特化の現行最強オンラインカジノ!
銀行振込決済も対応!日本円の入金プレイOK!銀行送金、ベガウォレットも対応!
✅迅速な入出金でストレスフリーオリジナルゲームあり!
✅もちろんスポーツベットも可能!
✅条件無しで好きな暗号通貨がもらえるリロードボーナスやレーキバック(キャッシュバック)もあり!
現環境で最強クラスのVIPプログラム!プラチナIV以降なら毎日仮想通貨が貰える!

コメント

コメントする

目次