めにゅーいちらん
【お知らせ】BeeBetで100%負けないキャンペーン実施中!【9月15日12:00~9月25日11:59まで】詳細はこちら

シンガポールでギャンブル法案が成立 – 第2回スピーチレビュー

  • URLをコピーしました!

毎月の新着記事一覧はこちら

シンガポールで待望のギャンブル法案が可決されました。したがって、2022年のシンガポール・ギャンブル法の更新で取り上げたものはすべて正式な法律となった。さらに、この法案の第二演説を発表しました。なぜなら、この演説は第一演説を要約したものだからです。さらに、すでに述べられていることを変えようとはしていない。しかし、法律に重要な情報を追加している。

したがって、このスピーチでは、重要な精神論を説明することになる。例えば、ゲームとギャンブルの違いについて述べている。しかし、シンガポールのオンラインギャンブルサイトに登録することは可能です。なぜなら、この法案はオンラインギャンブルを制限しているわけではないからです。さらに、代理人やソーシャルギャンブルの考え方に取り組んでいるに過ぎません。

あわせて読みたい
【2022年最新】お勧め&入金不要ボーナスがもらえるオンラインカジノまとめ【登録だけで672ドル+α】 このページでは当サイトがオススメする日本で安全にプレイが出来るオンラインカジノを簡潔に紹介しているページだよ。各入金ボーナス情報や登録だけで入金不要ボーナス...
目次

シンガポールで可決されたギャンブル法案

シンガポールで新しいギャンブル法案が通過して以来、この国は業界に前向きな変化をもたらしています。この国は、この業界に前向きな変化をもたらしています。なぜなら、過去数年間、いくつかの成果をあげているからです。しかし、まだ改善すべき点があります。そのため、最も早く回復した産業の一つである。さらに、現地当局が違法賭博で調査した人数は89人。従って、2022年に新設されたカジノ規制庁は成功を収めている。しかし、シンガポールはまだ法的に完全な国ではない。

そのため、新しい法律作りに積極的に取り組んでいる。なぜなら、彼らは最も近代的な基準に追いつきたいと願っているからです。例えば、技術的な定義で法律を拡張しているのです。したがって、彼らはパフォーマンスと運を分離する国々に加わるつもりです。なぜなら、大多数の地域では、ゲームはまだギャンブルとみなされているからです。しかし、その定義は年々変化している。

第二次改訂で戦利品ボックス-シンガポールでギャンブル法案が可決される

市場は継続的に成果を上げながら黄金期を迎えている。そのため、第二次改訂は当初の法案を変えようとしているわけではありません。しかし、いくつかの定義に注意を促しています。さらに、シンガポールで可決されたギャンブル法案に追加ルールを与えようとするものである。例えば、ビデオゲームにおける戦利品ボックスについてです。なぜなら、これはヨーロッパの政治の中で最も現代的な議論のひとつだからです。

そのため、いくつかの国では、戦利品ボックスの機能を持つビデオゲームを制限し、禁止したいと考えています。なぜなら、戦利品ボックスは子どもたちの搾取につながる可能性があるからです。さらに、常に受動的な危害の可能性をはらんでいます。そこで、第2次改訂では、次のような重要な機能を提案しています。

新たなトレンドや製品への対応
一貫性の確保
社会的セーフガードの強化
シンガポールで可決された主なギャンブル法案の概要

iGBによれば、最も重要な特徴は、シンガポール賭博規制庁が新設されたことである。なぜなら、国の規制機関を刷新したからだ。さらに、シンガポールでギャンブル法案が通過して以来、雰囲気がかなり良くなった。そのため、ギャンブルはこれまで以上に安全なものになりました。なぜなら、この法案では、弱者に対する禁止事項が導入されたからです。

したがって、ギャンブル施設は個人をカジノから追い出すことができる。なぜなら、弱者のプレイを認めないから。23歳未満を含む。したがって、違法賭博は最も重い犯罪の一つである。さらに、最初の法案では、代理ギャンブルの禁止が取り上げられた。したがって、カジノにいる場合、他の人に情報を与えてはいけない。すぐそばにいる場合は別だが。

ギャンブルとゲーミングの違い

カジノ規制庁によると、シンガポールではギャンブル法案が可決されたそうです。しかし、強調すべき重要な精神論がある。例えば、ギャンブルとゲーミングの違いに国が適応しなければならない。なぜなら、ほとんどの場所で、誰もがオンラインギャンブル活動をゲーミングと呼んでいるからです。

しかし、インターネットが発達したことで、これらの定義が変わりました。なぜなら、eスポーツ産業の興隆に伴い、用語全体が変化し始めたからです。したがって、この2つの用語の違いは、次のようになるはずです。

ゲーミングは、成果報酬型である。(例:パックマンを倒して賞金を得る。)
ギャンブルは、チャンスに対する報酬モデル(例:ルーレットで当たりが出たら賞金をもらう)

したがって、オンラインギャンブル法は今日、これらの定義に苦慮しているようです。なぜなら、才能あるゲーマーにお金を払うことは違法ではないはずだからです。 しかし、パフォーマンスのためにお金を得ることは別物です。なぜなら、チャンスに対してお金をもらうことは、訓練も技術も伴わないからです。しかし、人が稼いだものに対してお金を払うことは公正なことです。

ギャンブルの新犯罪-シンガポールでギャンブル法案が可決される

Channel News Asiaによると、シンガポールでギャンブル法案が可決されたそうです。従って、同国の法律書には新たな犯罪が存在することになります。しかし、これらの法律はすでに生きていることを心に留めておく必要があります。

したがって、法案が規制し、発見しようとするトピックがいくつかあります。これらを簡単な形でリストアップしてから説明します。

シンガポールのギャンブル法案によると、NFTの販売はギャンブルではありません。
代理ギャンブルは違法です。
23歳未満の未成年ギャンブルは違法です。
社交的なギャンブルは、個人の家の中で健全に行われる限り、許可されます。さらに、これは複雑なテーマであり、調査が必要です。したがって、誰かが不審に思えば、徹底的に調査することになります。

したがって、シンガポール政府によって、違法なギャンブルの定義が拡大されたのです。しかし、現代市場のあらゆる側面をギャンブルと呼ぼうとしたわけではありません。

シンガポールでギャンブルできる場所

シンガポールではギャンブル法案が可決されました。したがって、常に最も安全なオンラインオペレーターを選ぶ必要があります。しかし、私たちの辞書には、合法的で公正なウェブサイトのみが含まれています。したがって、最も安全で合法的なサイトを探すためにインターネットをサーフィンする必要はありません。

もしあなたがシンガポールにいるのであれば、心配する必要はありません。なぜなら、政府はインターネットがいかに重要であるかを理解しているからです。したがって、彼らはオンラインギャンブルを違法にするつもりはありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

激アツな1xBIT

ボーナス情報
✅入金ボーナスMAX7BTC!!!
初回入金 - 100%ボーナス最大1BTC 2回目入金 - 50%ボーナス最大1BTC
3回目入金 - 100%ボーナス最大2BTC 4回目入金 - 50%ボーナス最大3BTC
✅入金不要フリースピン40回!SweetBonanzaで、ステイクは0.2mBTC!

お勧めポイント
✅仮想通貨専用の為、本人確認一切不要!
✅仮想通貨専用のオンラインカジノ&ブックメーカー
✅25種類以上の仮想通貨対応!
✅上級者は絶対登録しているカジノ!

コメント

コメントする

目次