めにゅーいちらん
【お知らせ】2022年7月最新お勧めオンラインカジノまとめはこちら!

マカオのカジノは、最近のCOVID-19の発生で大きな影響を受けることになる

  • URLをコピーしました!

毎月の新着記事一覧はこちら

COVID-19の発生以来、マカオの当局は、ウイルスがSARを襲わないよう、厳しい規制を続けてきた。厳しい検疫命令と渡航制限のおかげで、この地域ではほとんど感染者は出ていない。

マカオのカジノはここ数年回復を試みていますが、規制のために会場はCOVID以前の数字には達していません。今、新たな発生がカジノの限界を試そうとしており、流動性の問題や資金調達の必要性が生じる可能性があります。

目次

新たなCOVID-19の発生

週末、マカオの保健当局は、COVID-19の感染者が12名確認されたと発表しました。その後、合計31人の患者が確認されました。ゲーミングアナリストは現在、すでに苦戦しているカジノ産業がこのニュースによって大きな影響を受けると感じています。SARのゲーム総収入(GGR)は、ゼロに近いところまで落ち込むと予想されている。

報道によると、JPモルガンのDS Kim氏とLivy Lyu氏は、現時点ではカジノは稼働しているものの、数週間はGGRがゼロに近くなっても不思議ではないとしています。インバウンドの訪問率は、あったとしてもごくわずかだろう。

アナリストによると、マカオの財務長官は、カジノは閉鎖されないと発言しており、訪日客の問題が浮上するという。マカオへの訪問は厳しく制限され、おそらくウイルスのためにブロックされるでしょう。ウイルスの発生期間や程度にもよりますが、1週間からそれ以上の期間、収益が大きく落ち込むでしょう。

流動性が心配される

カジノ運営者にとっては、収益が上がらないため、流動性が心配される。2022年以降の再入札の際に新たなコンセッションを獲得し、それを維持するためには、ゲーミング施設の運営者はコンセッショネア内に50億マカオパタカ(6億2500万ドル)の純資産を保有していなければならないと当局が明らかにしたばかりだ。

この金額は、入札が行われている間と、事業者が承認された場合に新コンセッションでの操業が開始される前に現金で維持されなければならないようだ。この現金は、コンセッション事業者が保有する現金とは別に保有する必要がある。

アナリストは、SandsとSJMが最も流動性が短く、2023年3月までしか資金を確保できないことを明らかにしている。メルコ、ウィン、MGMなどの他の事業者は、COVID-19の発生を乗り切るのに十分な流動性を持っており、最大で2年分の流動性が確保されている。Galaxyはさらに長く、5年程度の流動性を確保できる。

すべてのオペレーターが新たな発生を乗り切れると予想されますが、流動性の面でプレッシャーを感じるオペレーターも出てくるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

激アツな1xBIT

ボーナス情報
✅入金ボーナスMAX7BTC!!!
初回入金 - 100%ボーナス最大1BTC 2回目入金 - 50%ボーナス最大1BTC
3回目入金 - 100%ボーナス最大2BTC 4回目入金 - 50%ボーナス最大3BTC
✅入金不要フリースピン40回!SweetBonanzaで、ステイクは0.2mBTC!

お勧めポイント
✅仮想通貨専用の為、本人確認一切不要!
✅仮想通貨専用のオンラインカジノ&ブックメーカー
✅25種類以上の仮想通貨対応!
✅上級者は絶対登録しているカジノ!

コメント

コメントする

目次